エアコンの処分は、ネットで探した処分専門の会社に依頼したので、費用を抑える事ができました。

私がエアコンを処分した時期は2013年の3月頃です。

使っていたエアコンは、以前住んでいたアパートに入居した時に購入した2004年製のシャープのAY-R22YSBという型番のエアコンです。

今年の冬に暖房を使っていたところ、室外機が止まる故障が何度か起きていたことと、このエアコンは6〜8畳用ですが、今、エアコンを使っている部屋が8畳で、キッチンもあるので、冷房のパワー不足が目立ち始めた事が不要になった理由です。

エアコンの処分方法ですが、新しく購入したエアコンと同時に取り外し・処分を行うと、取り外しの作業料金とリサイクル料金で1万円近くかかるので、節約のために、ネットでリサイクル業者によるエアコン買取、無料処分のサービスの利用を検討しました。

最終的には、工事後1年間の保証付きで処分費用3500円と安い金額で、エアコン取り外しと不要エアコンの引き取りサービスを専門に行っている会社に処分を依頼しました。家電リサイクル法に関する料金は無料です。

処分が完了するまでの流れは、まず電話で申し込みをして、エアコンの取り外し工事に来てもらいました。

工事完了後に3500円を払いました。次にリサイクルを行うために、外したエアコンと室外機を段ボールで自分で梱包して、着払いでヤマト運輸で先方の会社へ発送します。

取り外し工事は保証もついていたので安心だったし、有償でも満足でしたが、エアコンの梱包が一番大変だったので次にエアコンを処分する際には、取り外し工事のみ今回の会社に依頼して、回収とリサイクルは、近所にあるエアコン無料引き取り・回収のサービスを利用したいです。

NECのパソコンをネットで見つけた廃棄業者に持って行ってもらいました。

10年以上前に買ったNECのディスクトップ型のパソコンを(機種は忘れました)ネットで探した杉並区のパソコン廃棄業者に引き取ってもらいました。

このパソコンは、妻が使用していたのですが、2年前妻が病死し、パソコンを置いていた部屋に私の母が住むことになったので邪魔になり処分しました。

私用のパソコンは別にありましたので、一人で2台は不要でしたし、型も古いものですから、最新のWindowsは重すぎて使い物にならないと判断しました。

私自身、システムエンジニアを長くやっているので、データ消去の方法は知識があり、自社で作成してるデータ消去のソフトを使用しました。

業者については、インターネットで調べた業者で無料で引き取ってくれる業者をさがしました。

自分で処分するとなると、産業廃棄物扱いで費用も手間かかりますので、無料で引き取ってくれる業者があるのだったら、ありがたいと思いお願いしました。

無料ということが一番の優先順位だったので、比較検討せず、近くで無料の業者を探しました。

今、考えてみればですが、もう少し精神的も時間的にも余裕があるのであれば、買取料を支払ってくれる業者を探してみても良かったかなと思っています。

お願いした業者には、パソコンラック、ディスプレイ、パソコン本体、椅子、アナログTVを引き取ってもらいました。

パソコンラックは分解しておいたのと、玄関先に全てのもの事前に並べておいたので、ものの20分くらいで持っていってくれました。

唯一不安だったのが、ものによっては、有料になると聞いていたので不安だったのですが、アナログTVも無料で引き取ってくれ、その他のものも無料でしたので、とても感謝しています。

値段がつかないのであれば、無料で処分してもらえるなら、次回もお願いしようと思っています。