使わなくなったスマートフォンを売ってみよう

いままでみなさんはスマートフォンを何回買い換えされましたか?

今となっては二年ごとに買い替えることが普通のようになりましたが、スマートフォンが出始めの頃は二年間使いたくても使えない、という状況が多くみられたのではないでしょうか。

初期のスマートフォンはOSの安定感であったり、バッテリーの問題など、まだまだ発展途上の状態でしたので、買ってはみたもののバッテリー持ちが悪くて使い物にならない!とか、すぐ固まるから使えない!と言った意見を耳にすることも多かったですよね。心当たりがあると思います。

わたしは昔からのドコモ党ですので、ドコモのスマートフォンしか分かりませんが、最初に購入した機種はシャープのSH03Cというモデルでした。

シャープの技術を投入した、3D液晶が売りのモデルでしたがいかんせん動作が不安定で、一年半ほどで買い換えました。

次に購入したのは富士通のARROWS X LTE F-05Dです。

LTEの最初期のモデルで、通信速度に期待して購入したのですが、バッテリーの持ちの悪さに頭を悩まされた機種でした。これも一年半で我慢の限界に達し、ドコモからアイフォンが発売になると同時にiphone5sに機種辺して今に至っています。

SH03Cは内臓されているゲームがお気に入りなので今でもたまに自宅でのwifi専用機として使っていますが、F05Dはどうしようもなかったので、ネットオークションに出品したところ、予想より高値で売れました。

愛着もない、自分にとってはいい思い出のないスマホでしたが、お金に変えることで有効利用できました。

Comments are closed.