季節の変わり目にリサイクルショップで処分して気分もクローゼットもスッキリ

30代のショッピングが趣味の独身女性です。

バーゲンが好きで、毎回参戦しているせいか、部屋に物が多く、気付いたら収納場所がなくなっていることが度々あります。

よくよく見てみると特に必要でなかったり、使用する機会がなさそうだったりするので、定期的にリサイクルショップに買取ってもらっています。

リサイクルショップに買取ってもらうタイミング

タイミングは季節の変わり目のちょっと前。

鍋やお皿といったキッチン用品や洋服を処分することが多いのですが、シーズンオフの物は買取拒否されることがあります。

できるだけ高額で買取してもらいたいので、衣替えの時期になるとクローゼットとキッチンの整理をして、買取品をピックアップしています。

リサイクルショップに一番多く持ち込んでいるのは洋服

一番多く持ち込んでいるのが洋服です。

バーゲンになると気持ちが高揚するのか、趣味ではなかったり、サイズが微妙に合わない洋服をつい買ってしまいます。

クローゼットの中に入れていても仕方がないので、1年間着る機会がなかったものはリサイクルショップ行きです。

処分する「断捨離」、物を減らす時の心構え

以前は「いつか使うかも」と、いただいた鍋や食器類を保管していたのですが、その「いつか」は何年経っても来ないことに気づき、これらも処分。

キッチン用品も流行があるので、何年も寝かさずに不要だと思ったら、すぐに処分することをおすすめします。

ふと、自宅に物が多いな、と思ってリサイクルショップの利用を始めましたが、やってみると家の中も気分もスッキリするので、今では定期的に利用しています。

利用しているリサイクルショップ

リサイクルショップは、持ち込みをするのに楽な、自宅近くのリサイクルショップを利用しています。

店舗が広く、取り扱っている商品も多いのがメリットです。

そのリサイクルショップでは、店頭買取の場合、商品を持参してカウンターに預けるだけでOK。

1点ごとに査定され、金額を提示してくれ、納得がいけば買取契約をします。

必要書類に記載し、その場で現金で受け取ります。

実際に買い取ってもらった不要品と買取金額

今回は、小型の鍋1点、未使用の腕時計1点、洋服5点、バッグ1点を買取に出しました。

腕時計は未使用だったので一番高額で1800円と査定されましたが、鍋や洋服はニーズが低いらしく、数十円から200円ほどにしかなりませんでした。

バッグは使用感があったので買取拒否。

合計は2400円くらいと、少し残念な結果でした。

リサイクルショップで高額査定をもらうために

流行があるものは査定額が低くなるようです。

古いものでも、定番ものだと売れるため買取価格は高くなる、と言われました。

私は持ち込みが面倒なのでこまめに処分に行っていますが、まとまった点数を持って行くと、高めに査定してもらえるそうです。

ブランド品も、シリーズで持っている人はまとめて処分することをおススメします。

ゲーム感覚で大掃除をして、すっきりとした部屋で年末年始を過ごしたいです。

大掃除、毎年、取りかかるまでは憂鬱、でも、やり始めてしまうと楽しくなってどんどん進められます。大掃除あるあるでしょうか。

掃除は、成果が目に見えるのがいいですね。

予定していた掃除をすべてやり終えたときの達成感、きれいになった部屋で過ごす気持ちよさを想像しながら作業をすると捗ります。

2012年の大掃除は、12月に入ってすぐに始めました。掃除する箇所を細かくリストアップして壁に貼るところからスタートです。

例えばキッチンを掃除するなら、換気扇、ガスレンジ上、ガスレンジ下、ガスレンジ周りの壁、排水溝、シンク、蛇口、と、細かく項目を立てるのがポイントです。

「キッチン」「風呂」「洗面所」など大きな項目だけだと成果が目に見えにくく、やる気も低下しがちですが、細かく書き出すと、1日1個でもきれいになった、と実感できます。

ゲーム感覚で楽しみながら大掃除が進められますよ。

2013年の大掃除は、実はまだスタートできていません。

昨年のリストを見直して、12月中旬には開始しようと思っています。

ちなみに、2012年の大掃除では子どもが小さかったころに使っていたおもちゃ、自分と子どもの洋服などを不用品として処分しました。今年も、必要なくなったおもちゃと洋服を処分する予定です。

子どもの物は、これから必要になる友人に譲りたいと思っていますが、行き先が見つからなければ、自分の洋服と一緒にリサイクルショップに持ち込もうと思います。

去年はコートや冬物ワンピースなど、独身時代に使っていて今は着ないブランド服を処分したので、3000円ほどの収入になりました。今年はノーブランドのものも多いので、あまりお金にはならないかもしれません。