ソフトバンクのシャープ001SHは不燃ゴミとして捨ててしまいました

私はJホォンの時代からずっと現在のソフトバンクを使い続けています。

そもそも新しい物に弱いタイプの人間なので携帯電話を持ち始めたのも友達の中で一番最後でした。自分以外のみんなが持ち始めたので渋々持ち始めたと言う感じでした。

なので、どこの会社の携帯が持ちたいとか全然無く、一番仲が良く使い方を教えてくれそうな友達と同じ会社で同じ機種の携帯を一番最初に持ち、それがJフォンのシャープ製品だったのです。

それ以来、使える限り使い続け、どうしても画面が映らなくなったりといった故障した段階で数回買い替えてきましたが、同じ会社で同じメーカーのに買い替えると、型番が違えどほとんど使い方が同じなので違和感無く使い始めれるので便利でした。

現在持っている携帯はソフトバンクのシャープ001SHのピンクで、その前も全く同じ携帯を使っていました。

いつもなら3年以上使って買い替えるところを、今回のは1年で買い替えたのです。それも全く同じ携帯に。

それは2012年の夏の事でした。子供を家の前で水遊びさせていたら、携帯を水に浸からせてしまったのです。家庭用プールに落としたならまだしも、雨上がりで水が溜まっている自転車カバーの上に置いてしまったのです。

あまりの暑さに頭がボンヤリしていたにしろ、ちょうど1年前ぐらい(2011年夏頃)に買い替えたばかりの携帯を水に浸からせるなんて一生の不覚でした。

携帯が無いと困るので慌てて一番近くのソフトバンクのお店に行き、「これと同じ携帯を下さい!」と言いました。水に浸からせて携帯は壊れてしまったのでデータの移行とかも全く出来ませんでした。

そうでなくても、私は今までずっと不要になった携帯は電話番号やアドレスなどの情報のみ移行したら、写メールとかが入っていても無情に携帯ショップの店員さんに「捨てておいて下さい」と渡していました。

携帯が買取り業者に売れるって今回初めて知ったのですが、それでも私は完全断捨離人間なので不要になった物は即行捨てたいので、今後もやっぱり即処分して貰うと思います。

Comments are closed.