着物はできるだけ早く買い取ってもらうのがよい。

私の母がたんすを整理しているときに昔親戚からいただいた着物をどう処分するか悩んでいたので、どこか買い取ってもらえるところを探す手伝いをしました。

ただ、処分するといっても2枚だけでしたので、どこに頼もうか迷いました。しかし、正絹の着物でしたので、きちんと丁寧に扱ってくれて親切なところならどこでもいいというのが本音でした。

そこで、私は満学屋というところに決めました。

ネットで調べたところ評判がよかったことや出張買取も無料ということもよかったのですが、なんといっても古くてしみがあった着物を気持ちよく査定していただけたのが一番うれしかったです。

処分をしようと思って実際業者を選んで処分が完了するまで1週間ぐらいかかりました。買い取り業者は迅速に対応してくれましたが、そこに選ぶまでに時間がかかってしまいました。

金額は2万8千円でした。ふるいのは大丈夫みたいでしたが、しみとところどころに虫に食われている分があったので、その分査定に響いたみたいでした。

着物はとても効果で大切なものです。しかし、家においておくとたいていは保管状態がよくない人のほうが多いはずです。

よく着物を着るとか、保管や管理してくれるところが有る場合は別にしてあまり着ないのならいっそのこと買い取ってもらう方がよいと思います。

誰かにまた利用されるほうが、はるかにその着物が喜ぶと考えると、買い取ってもらうのも苦ではないと思われます。

着物の買取については、こちらがまとまっています

Comments are closed.