母と私と妹の着物を処分した時の体験談について。

実家に母と私と妹の着物が有りました。

この着物を処分する事にした経緯は、父の他界後、母が認知症になり、母がグループホームに移る事になったので、実家が空家になり、空家の実家を売却するのに、実家に置いてあった着物を処分する事にしました。

処分した着物は、母の分が15着、私と妹の物が5着づつです。

自分の着物で、喪服と1セットだけは、とっておいたのですが、母が趣味で集めていたこれらの着物の保管場所も無いので、あとは全て処分しました。

買い取ってもらった着物の種類は、打掛・留袖・振袖・訪問着・大島・小紋等色々な物でした。

着物を処分するのにインターネットで、買取業者を調べました。

最終的には、インターネットで調べた着物スピード買取り業者でした。

私は、家の売却もあったので、スピード買取業者を選びましたが、他の業者でお勧め出来る所を以下に記します。

この業者は、汚れた着物でも、絹じゃなくても買い取ってくれるそうです。

着物を処分しようと思ってから、買い取ってもらうまでの流れは、次の通りです。

  1. インターネットで業者を見つけて電話をかけて、
  2. 着物を見てもらう日程を決め、
  3. 当日に見積りを出してもらって現金で買い取ってもらいました。

合計の買取額は、6万円でした。

私は相場を知らなかったので、言い値で売ってしまいました。

これから、着物を処分される方は、2,3社買取金額を比較して検討された方が良いと思います。

Comments are closed.